ランキングを見る
大阪のホームページ作成会社 > 基礎知識 > レスポンシブデザイン

レスポンシブデザイン


画期的なウェブデザイン~レスポンシブデザイン~

みなさんはレスポンシブデザインという言葉をご存知でしょうか。

レスポンシブデザインはさかのぼること2012年、Gооgleが公式にレスポンシブデザインを推奨したことによって、一気に広まっていきました。

そんなレスポンシブデザインとは、いったいどういうデザインなのでしょうか。

レスポンシブデザイン

同じHTMLコードでありながら、パソコンとスマホでチェックしてみると、あたかもデザインが違っているかのように見えるウェブデザインをいいます。

要するに、「ウェブサイトの表示を画面の幅で切り替える」ことができるのです。
(実際にパソコンとスマホの画面の幅は違います。)

そんな画期的なレスポンシブデザインですが、この項ではメリットとデメリットについて触れてみたいと思います。

レスポンシブデザインのメリット

レスポンシブデザインのメリット

まず何といってもレスポンシブデザインのメリットは、ワンソースで画面を切り替えることができることだと思います。

かつてウェブサイトはパソコンとモバイルがあり、まったく違うHTMLが端末ごとに必要でした。

しかしレスポンシブデザインができたことによって、ひとつのHTMLで切り替えが可能になったのです。
(いくつもHTMLファイルを準備する必要がなくなる。)

そして次のメリットは、レスポンシブデザインをすることによってSEO対策が向上したことにあります。

例えばひとつのサイトに複数のHTMLファイルがあると、「不正にコンテンツを水増ししている」サイトではないかと疑われる場合があるのです。

レスポンシブデザインであれば、そうした誤解を回避することもできます。

また、レスポンシブデザインはさまざまなデバイスに対応することもメリットの1つに挙げられます。

基本的にウェブデザインのデバイスは、「パソコン/スマートフォン/タブレット」の3つに分類されます。

レスポンシブデザインの場合、基本となるデバイスを決めて(最適化)対応をすれば、ひとつのデバイスで利用することができるのです。

レスポンシブデザインのデメリット

次にレスポンシブデザインのデメリットですが、下記のことが挙げられます。

・古いブラウザには対応していない(IE8以下のブラウザ)。
・スマートフォンの表示が遅くなる傾向にある。
・コンテンツ量が大きくなると、閲覧することが難しくなる場合がある。

このようにレスポンシブデザインは新しいウェブデザインであり、非常に便利な性能を持っています。

しかし、若干のデメリットが見え隠れするのも事実です。

それ故、私たちはレスポンシブデザインのメリット・デメリットを明確に理解したうえで、利用する必要があると思います。


大阪のホームページ作成会社 比較ランキング!

ユニソンプラネット

ユニソンプラネットはユニソンCMSといったオリジナルソフトが評判を呼び、今までのホームページの常識を覆した会社です。頻繁にホームページの更新作業が必要な店舗には特におすすめします。

公式サイトを見る

特徴
ユニソンCMSをすることによって、パソコンサイトもスマートフォンサイトも見たまま編集することが可能になりました。

ジーピーオンライン

会社を成功に導くホームページ作成をを実践し続けているホームページ作成会社がジーピーオンラインです。

公式サイトを見る

特徴
「サイト作りをしっかりやる」をコンセプトに、「運用効果/評価」などを総合的にサポートすることによって、ホームページ自体の提案力に磨きを掛けています。

アン

大阪のウェブデザイン会社「アン」は、創業6年目のまだ新しい会社です。言われたことだけをするのではなく、クライアントを巻き込んでマーケティング戦略を考え、「伝わるデザイン」の実現を行ってくれます。

公式サイトを見る

特徴
ホームページ作成とマーケティングを通してクライアントの売上アップに取り組んできた結果、数多くのクライアントから支持を受けている会社です。

基礎知識

ホームページ制作ソフト

ホームページ作成会社

ページトップへ
サイトマップ