ランキングを見る
大阪のホームページ作成会社 > 基礎知識 > ホームページ作成にかかる費用の相場

ホームページ作成にかかる費用の相場


合ってないようなホームページ作成費用

前項では、「ホームページ作成会社の選び方→ホームページ完成までの流れ」までを大まかに説明しました。

そして次に考えることは、「ホームページ作成にかかる費用の相場」になります。

ホームページ作成を依頼した場合、いったいどれくらいの費用が掛かるのでしょうか。

まず言えることとして、ホームページ作成にかかる費用は合ってないようなものだということです。

何故なら(極端な話)、初期費用を無料にして月額料金制で作成する会社もあれば、5P(5ページ)で50.000円・5Pで500.000円のホームページ作成会社もあるからです。

当然のことですが同じページ数でも作成内容が違うから、これだけ費用も違ってしまうのです。

確かに、ホームページを依頼する会社にとって見積もり費用は重要だと思います。

しかしもっとも重要なことは、ホームページ作成会社が提示した見積もり費用によって「何をどこまでやってくれるのか!」ということだと思います。

さらにいうならホームページを作成してもらうことになれば、今後長い付き合いになる可能性がでてきます。

そういうことを含めて、「ホームページ作成にかかる費用の相場=合ってないようなもの」という表現になってしまうのです。

ディレクション費用

ではここで実際にホームページ作成依頼するうえで、一般的な費用相場を明記したいと思います。

○ホームページ作成にかかる基本費用

おもに基本費用に充てられるのは「ディレクション費用(進行管理費)」になります。

ディレクション費用とはメールや電話の打ち合わせなど、作業全体の進行管理にかかわる費用をいいます。

ちなみに作成するボリュームが多ければ多いほど作業時間が長くなるので、必然的に費用は膨らんでいきます。
(逆に作成するボリュームが少なければ、掛かる費用は少なくなります。)

・費用相場=50.000~200.000円

作成費用

○ホームページ作成にかかる作成費用

作成費用にはおもにTOPページなどの費用が含まれます。

そしてTOPページはホームページの顔あり看板になるため、「デザイン的&作業ボリューム的」にも時間を要するため、ほかのページ(下層ページ)と比べて作成単価は高くなります。

※下層ページ
・テキスト中心の簡易な構成 → 5.000~8.000円。
・テキストと画像を配置する → 10.000~15.000円。
・細かいデザインの作り込み → 15.000円~。

このように下層ページは上記の3レベルに分類されて、1P単価が変わる傾向にあります。

「それぞれの単価基準×ページ数の合計=下層ページの作成費用」


大阪のホームページ作成会社 比較ランキング!

ユニソンプラネット

ユニソンプラネットはユニソンCMSといったオリジナルソフトが評判を呼び、今までのホームページの常識を覆した会社です。頻繁にホームページの更新作業が必要な店舗には特におすすめします。

公式サイトを見る

特徴
ユニソンCMSをすることによって、パソコンサイトもスマートフォンサイトも見たまま編集することが可能になりました。

ジーピーオンライン

会社を成功に導くホームページ作成をを実践し続けているホームページ作成会社がジーピーオンラインです。

公式サイトを見る

特徴
「サイト作りをしっかりやる」をコンセプトに、「運用効果/評価」などを総合的にサポートすることによって、ホームページ自体の提案力に磨きを掛けています。

アン

大阪のウェブデザイン会社「アン」は、創業6年目のまだ新しい会社です。言われたことだけをするのではなく、クライアントを巻き込んでマーケティング戦略を考え、「伝わるデザイン」の実現を行ってくれます。

公式サイトを見る

特徴
ホームページ作成とマーケティングを通してクライアントの売上アップに取り組んできた結果、数多くのクライアントから支持を受けている会社です。

基礎知識

ホームページ制作ソフト

ホームページ作成会社

ページトップへ
サイトマップ