ランキングを見る

ECサイト


パソコンの専門用語の1つ~ECサイト~

パソコンには専門用語が多く、非常に分かりにくい言葉が多いのも事実です。

そんなパソコン用語の1つに「ECサイト」があります。

いったいECサイトとは、どのような内容なのでしょうか。

この項では、ECサイトという言葉の基礎から考えてみたいと思います。

ECサイトとは

まずECサイトとは、インターネット上で商品(サービス)の売買ができるサイトをいいます。

そして、ECサイトは3つの種類に分類することができます。

B tо B(Business to Business) =企業間の購買取引を表します。
B tо C(Business to Consumers)=企業から消費者への商品売買を表します。
C tо C(Consumers to Consumers)=個人間の取引を表します(Yahoo!オークションなど)。
(ちなみにECサイトの「現状=市場規模」は、2013年時点ですでに11兆8000億円を記録しています。)

そんなECサイトですが、いったいどのようにすれば始めることができるのでしょうか(売買)。

そこで登場するが「インスタントEC」です。

インスタントECは、EC構築サービスを無料で利用することができるシステムをいいます。

インスタントECは、ショップの開店費用や月額使用料(その他の手数料)もまったく必要ありません。

またインスタントECは豊富なデザインが用意されているため、自分自身の好みにあったECサイトを開くことができます。

このように、ECサイトはいつでも気軽に取り組むことができるシステムなのです。

ECサイトの運営について

EC業界の急成長に伴い、ECサイトも年々増え続けています。

そしてECサイトの運営に対しても年々ハードルが低くなっていますが、ECサイトを立ち上げれば「それで終わり」というわけではありません。

問題はECサイトを立ち上げた後、いかに上手に運営をしていくかということです。

当然のことですが売上が立たなければ、ECサイトを開業した意味がありません。


大阪のホームページ作成会社 比較ランキング!

ユニソンプラネット

ユニソンプラネットはユニソンCMSといったオリジナルソフトが評判を呼び、今までのホームページの常識を覆した会社です。頻繁にホームページの更新作業が必要な店舗には特におすすめします。

公式サイトを見る

特徴
ユニソンCMSをすることによって、パソコンサイトもスマートフォンサイトも見たまま編集することが可能になりました。

ジーピーオンライン

会社を成功に導くホームページ作成をを実践し続けているホームページ作成会社がジーピーオンラインです。

公式サイトを見る

特徴
「サイト作りをしっかりやる」をコンセプトに、「運用効果/評価」などを総合的にサポートすることによって、ホームページ自体の提案力に磨きを掛けています。

アン

大阪のウェブデザイン会社「アン」は、創業6年目のまだ新しい会社です。言われたことだけをするのではなく、クライアントを巻き込んでマーケティング戦略を考え、「伝わるデザイン」の実現を行ってくれます。

公式サイトを見る

特徴
ホームページ作成とマーケティングを通してクライアントの売上アップに取り組んできた結果、数多くのクライアントから支持を受けている会社です。

基礎知識

ホームページ制作ソフト

ホームページ作成会社

ページトップへ
サイトマップ